白川クリニック 白川クリニック

よくあるご質問

frequently asked questions

MENU

夫が「アスペルガー症候群」なのではないかと思います。毎日の生活がとてもつらいです。

近年、アスペルガー症候群やAD/HDをはじめとする「発達障害」という疾患は、インターネットやさまざまなメディアにより、認知度をあげつつあります。

精神科疾患、特にかつてはパーソナリティ障害や引きこもりと位置付けられていたカテゴリーに、「メンヘラー」「ニート」などの通称がうまれたように、今は発達障害圏を「コミュ障」と呼ぶことがあるようです。その呼び名の是が非は別として、発達障害圏の概念が社会に浸透しはじめているのは事実であり、医療側も以前より障害の説明がしやすくなっているのを感じます。

さて、アスペルガー症候群はその通称の通り、「コミュニケーション障害」を主とします。

人付き合いで大切な情緒のやりとりに乏しく、心の機微や場の雰囲気をよむことが難しいため、周囲の人は混乱し、悲しい気持ちになります。時に、非常識な行動や予期しない爆発・パニックもみられ、どれだけ話し合っても分かり合えず、本人には内省や行動を改善する意思がみられないように感じます。

結婚生活においてそのような状態が長く続くと、配偶者は一種の抑うつ状態に陥ります。夫婦関係そのものがじわじわと崩壊し、別居や離婚に至ることも少なくありません。

ご相談ください。