白川クリニック 白川クリニック

よくあるご質問

frequently asked questions

MENU

いやな体験をしたことで、眠れません。涙が止まらないことも多いです。でもあまりその話をしたくありません。

想像を超えた、「死に値する」くらいの悲惨な体験により、脳や心も、身体と同じように深い傷を負います。

それによって不眠や過覚醒、情緒不安定などが起こり、「その場所に近づかない」ような行動(回避行動)により、日常生活が送れなくなってしまいます。

また、いやな出来事がふとした瞬間に鮮明に思い出され(フラッシュバック)、悪夢になるなどして繰り返し体験することは、大変苦しいものです。

「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」といいますが、落ち込みや自信喪失などの抑うつ症状が重なることが多く、「うつ病」の治療をまずおこないます。

あまりに辛く、誰にも話したくないと思われる体験は、お話しなくてもかまいません。心に受けた深い傷が癒えるには、「時間薬」も必要となります。少しずつでもその傷が癒えるよう関わっていきますので、ご相談ください。